元アパレルスタッフに聞いた、大人だから着たい”柄物コーデ” – Lallia Mù

元アパレルスタッフに聞いた、大人だから着たい”柄物コーデ”

 
すっかり気温も上がり、夏らしいカラフルなアイテムや柄物に目がいきますね。 
 
「柄物は可愛いけど、コーディネートを考えるのが難しい」 
「自分に似合う柄が見つからない」 
「中々手を出せなくて、結局いつも無地ばかり着てしまう・・」 
 
柄物に対してこのような悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 
確かに、柄のアイテムは可愛いけれど、
いざ自分で着てみるとイメージが違う・・
なんて事ありますよね。
 
そこで、元アパレルスタッフで、現在 Lallia Mù EC事業部の
Mayumiさん・Mikuさん・Konmiさん
に柄物を購入する際のポイントから着こなすコツまで聞いてみました! 
 
是非、自分に合った柄の選び方やコーディネートを考える際の参考にしてみて下さいね。 
 
  
EC事業部 STAFF 

Mayumi / 154cm / 好きなファッション:シック、クラシカル 

Miku  / 152cm / 好きなファッション:マニッシュ、カジュアル 

Konmi / 152cm / 好きなファッション:カジュアルフェミニン、ヴィンテージ、センシュアル 

 
 
 
 
  1. 柄物を購入する際のポイント「だから私は、これを買う」

 
 
Mayumi 
「直感を大切にしつつ、理想の自分に近づける柄は何かを考えて購入します。」 
 
Q. 理想の自分とは?    
 
■大人ぽく着こなしたい ■
柄物は種類によって印象が全く違うので
できるだけ甘すぎないものを選ぶ様にしています。
デザインや配色がはっきりとしすぎるものより、
アンニュイなカラーリングや使用している色数が少ないものの方が
より洗練されたイメージで大人ぽく着こなせます。
特に童顔さんや低身長さんは幼く見られがちなので、
柄の種類や色数を見て購入されるのがおすすめです。
 
■柄物を品良く着こなしたい ■
目で見てすぐわかる柄より、
一見何柄かわからないくらいのニュアンス感があるものの方が、
女性らしい優美なイメージがあって魅力を感じます。 
ニュアンス柄は一つ一つ表情が違って見えるものが多いので、
人とファッションが被りたくない方にもおすすめですよ。 
 
  
Miku 
「私は普段から柄物が多いわけではないからこそ、しっかりとモノを見定めて購入します!」 
 
Q. 見定めるポイントとは?    
 
■配色を見定める ■
はっきりとした色味の配色ではなく、肌馴染みのいい色味の配色を選ぶと全体的に柔らかい印象になるので、
どの系統にもさりげなく取り入れることが出来ますよ。 
■素材感を見定める■
厚すぎる素材やハリ感の強いものよりは、
とろみのある柔らかい素材の方が主張が強すぎずコーデに馴染むので、
普段柄物を着用されない方にもおすすめです♩
小柄な方は、ハリ感のある素材だと柄の主張に負けてしまうので、
まずは柔らかい素材を選ぶ、という事から始めてはいかがでしょうか。
 
■柄を見定める■
色味と同様に、はっきりとした柄ではなくニュアンスなどの曖昧な柄の方が落ち着いた雰囲気になり、
年代問わずチャレンジしやすいです。
あとは、定番のストライプやボーダーであれば日常でもシーンを問わず着用しやすいですよね。 
 
 
 
Konmi 
「普段から柄物を着ることが多く、購入する時は可愛い!という自分の感覚を一番大切にしています。」 
 
Q. 可愛いと思うきっかけは?    
 
■お洋服が持つ雰囲気に惹かれる■
それぞれの感覚になるのですが、私の場合は”センシュアル”なものです。 
柄物と聞くとポップで個性的なイメージがありますが、
だからこそ
ヘルシーな女性らしさの雰囲気を持つ柄アイテムは
私にとっての特別な”可愛い”に繋がるポイントになります。
 
■ベースカラーに惹かれる■
柄の中に最も多く含まれている色をベースカラーとして
そのカラーが自分の着たいイメージに合っているか、
ワードローブと照らし合わせてその色が浮かないかなど
柄そのものよりベースカラーに焦点を当てて購入すれば、
今まで着た事のないような柄でも自分に合ったものを見つけやすく、
コーディネートにも困りませんよ♩ 
■好きな系統に合った柄に惹かれる■
どの柄が自分に合うのか迷ってしまう時は、
”自分の好きなテイスト”と照らし合わせるとイメージしやすいですよ。 
例えば、 
フェミニン・ガーリー:花柄・ドット・ニュアンス(柔らかい色味) 
カジュアル:ストライプ・ボーダー・リーフ柄 
モード:ニュアンス(補色合わせ等)・ペイズリー・アニマル・幾何学    
などが分かりやすいかと思われます。 
勿論配色などによって変わると思うので一概には言えませんが、ご参考までに♩ 
 
 
  1. コーディネートに柄物を取り入れる秘訣「大人は、柄物をこう着る」

 
 
Mayumi「抜け感を大切にすると、大人のバランスで着こなせます」 
 
無理して着てる様に見えないように
リラックス感と余裕のあるスタイルが大人に着こなす秘訣です。
普段着用されない物に挑戦する時は不安になる事もあると思いますが挑戦してみればその先には、
新たな自分発見に繋がりますし、コーディネートの幅も広がるので毎日のお洋服選びがとても楽しくなります♩ 
また、柄の大きさや種類によっては意外と自分のコンプレックスを隠してくれる物だったりもするので、新たな自信が持てるなんて事もあると思いますよ。 
 

\落ち着いた色は柄物に取り入れやすく間違いない組み合わせ /

 
 落ち着いた色味のアイテムであれば
何にでも合わせやすくて主張も強すぎないので、
全体的に肌馴染みの良いトーンでコーディネートしてください。
強すぎない色味は抜け感も演出してくれるので、
大人コーデのイメージにピッタリ♩
 
 使用アイテムはこちら▼
 
 
 

\シンプルなアイテムで合わせる/

 
               顔に近い部分に柄を持ってくるときは
それだけで華やかな印象に見せてくれるので、
ボトムスはデニムやシンプルなボトムスで充分おしゃれ見えします。
それでも物足りないときは、
バッグやシューズにさりげない差し色を入れてあげるとこなれ感が出ます。
 
あくまで”さりげなく”を大切に。
 
使用アイテムはこちら▼
 
Miku「まずは自分に柄を馴染ませる事、見慣れる事が一番です」 
 
柄アイテムを着こなす時に一番大切にしている事は、
普段の自分のファッションスタイルの延長線上であるという事です。
柄アイテムを着なれていない方は、
のアイテムを選ぶだけでかなりハードルが上がっている状態。
日常の雰囲気のまま着用することで、
自分に馴染むので着こなしやすく感じるかと思います。
一度着てみると意外と自分に合っているかも、などの新しい発見に繋がります。
「どうせ似合わないから」と決めつけずに、一度のチャレンジを大切にして下さいね。 
 

\「いつものコーデ」に足してみる /

             出来るだけ普段着ているものと合わせます。
本当にシンプルなもので構いません。
Tシャツやデニム、もしくは白シャツや黒スキニーなど。
日常で着なれたベーシックなアイテムと合わせてあげると、
着なれない柄が自分に馴染むので抵抗感なく着れますよ。 
使用アイテムはこちら▼
 

\まずはボトムに取り入れてみる/ 

 
 

    普段柄物を着ない方は、”見慣れない”という違和感が

    最も購入の懸念に繋がりやすいと思います。

そこで、まずはボトムスに柄物を取り入れてみてください! 
顔まわりから離してあげることで、パーソナルカラーや体型に捉われず、
自然とコーディネートとして成り立ちやすくなります。
 使用アイテムはこちら▼
 
Konmi「好きな柄を諦めない為に。”ちょっとの工夫”が着こなす為の近道です」 
 
せっかくときめきを感じた柄を、
着こなせないなんて理由だけで諦めてしまうのは勿体無いです! 
ときめきを感じる=自分らしさを感じる事と同じですから、
自分の感覚を大切にしてあげてください。 
好きな柄を着こなす為に必要なのは、ちょっとの工夫だけでいいんです。 
そのちょっとの工夫で、ファッションの世界は大きく広がりますよ。 
 

\モノトーンで叶える大人の”柄コーデ” /

 
            白または黒のワントーンコーデに、
同色の柄アイテムを投入すると一気に洗練されたイメージに。
どのような柄でも、モノトーンコーデであれば大人な雰囲気にしやすいです。
小物はグリーンやレッドなどのはっきりとした色味を持ってきてあげると、
コーデにメリハリが出て、よりこなれ感が出ます。
 
シンプルなのに、おしゃれ上級者になれるテクニックの一つです。
使用アイテムはこちら▼
 

\柄の中のカラーを取り込む/

 
複数カラーの入った柄は、コーデにばらつきが出やすくなります。 
柄の中に含まれているカラーを一つ選んで、
トップス又はボトムに取り入れてあげると
コーデに統一感が出るのでおしゃれに着こなせます。
 
※柄に使用されているカラーが派手な色ばかりの場合は、
洋服ではなくバッグやシューズ等の小物で色をあわせてあげると
全体的にバランスがとれやすくなります。  
使用アイテムはこちら▼
 

小物は黒or白に統一

 柄の主張が強すぎてなんとなくまとまりがない・・?
そんなときはとりあえず小物を黒又は白に統一してあげてください!
バッグ、シューズ、ベルトなど身に着ける小物類を黒又は白にするだけで、
トータルコーディネートにまとまりが出ますよ♩ 
ついでにアクセはゴールド又はシルバーのどちらかで統一して、
耳周りは大ぶりなものは出来るだけ控えてあげましょう。
ポイントは、柄アイテム以外の主張を押さえる事です!  
使用アイテムはこちら▼
 
 
 
 
まとめ 
 
いかがでしたか? 
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。 
女性は年齢を重ねるにつれて
ライフスタイルや考え方が大きく変わっていくので、
お洋服の系統やコーディネートに使用するアイテムもまた
大きく変わってくると思います。 
その様な変化の中でも、
自分に合った柄の選び方や着こなし方を見つけて頂けると嬉しいです。 
ぜひ、この夏は柄アイテムに挑戦してファッションを楽しんで下さいね♩ 
きっとまた、新たな自分に出会えると思います。 
 
 
一覧に戻る